新年快楽!!2017年旧正月の家庭料理from 香港

新年快楽!!

恭喜发财!!万事如意!!

image

旧正月明けましておめでとうございます!

image

スポンサーリンク

香港在住者の旧正月の過ごし方

大晦日夜は、毎年恒例の主人に両親宅で家族ご飯。

主人の兄弟やお義父さんの仕事関係の方(親戚以外の人がこの日来るのは珍しいと思いますが)などが集まって全員で食卓を囲んでワイワイ夜ご飯。

広東語が飛びかいます!

(↑魚の浮袋やアワビなどのスープ)

七時集合が、何だかんだで八時スタート。
お腹がグーとなっても、我慢(ง •̀_•́)ง‼

お義母さんを手伝ったり、テレビを見たりして、ダラダラしている内にみんな集まって来て、食事会スタートです。

うちの場合、大晦日は基本家族で集まって、旧正月初日は親戚や従兄弟の家を訪ねたり、訪ねられたり。

2日目か3日目から年齢が近い従兄弟や友達と食事したりします。

お正月用にとっておきの高級食材が並ぶディナーをご紹介します〜

まずは香港スープ。スープなくして語れない香港家庭料理定番の栄養スープ。

image

↑お正月とあって、フカヒレや魚の浮き袋、乾燥帆立、缶詰のアワビとなど高級食材満載のゴージャスなスープです。旨みが凝縮しているからか、これを一杯半飲んで早くも40%くらいお腹が一杯(笑)

そして、肉肉肉(笑)

image

主人のお義父さんは普段から1時間かけて、おしゃべりしながら、酒を飲みながらゆっくり食事する習慣があるんです。

なので、20分ぐらいで食べ終わった嫁(私)は、残り40分を「たくさん食べて〜飲んで〜 」攻撃をうまく躱しながら、無事に乗り切りました。

カモ、チキン、ポーク、お魚など。
野菜は少なすぎです(;’∀’)

image

食後はソファーに移って工夫茶を飲んだり、お菓子をつまんだりして、ダラダラテレビを見たりおしゃべりしたり。

食べ切れないほどのお料理を出すのが中国のおもてなしの習慣なので、残しても全然okです。というか、食べ切れない、、、

頂いたお年玉

image

香港では、お年玉は既婚者が独身の人にあげるという習慣があります。

職場で、自分より年上のシングルの人に既婚者がお年玉をあげたり、なんてこともあります。 上司が部下に配ったりもします。

私は既婚者ですが、自分より年上の方から有り難くお年玉を頂いています。

あとは、マンションの管理人やよく通うお店の店員さん(特に飲茶レストランで常連客が馴染みの店員さんに、など)にあげたりもします。
(管理人さんですと平均10〜20$くらい)

日本のお年玉と違うので、面白いですよね。

よく行くレストランでも旧正月用の目出度いメニューだったので、ちょこっとご紹介。(2016年の情報です)

image

1行目はチキン
2行目は魚(餘と同じ発音)
3行目は、、、意味不明ww
店員さんに聞いたら、お豆腐だそう。

こんな感じでめでたい言葉が並ぶんですが、香港人もメニューの一部は店員さんに聞かないと分かんない╮( •́ω•̀ )╭んじゃないかなぁ。

縁起のいいお魚にしてみました!

image

更新の励みになります~

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です