《尖沙咀ランチ》週末に海を見ながら優雅に中華ブッフェ@胡同

オシャレな中国アンティーク風インテリアに、窓1面に広がるシービューで、テンション上がる👍こと間違いなしのレストラン「胡同」のランチバイキングの紹介でーす。

胡同レストラン正面入口

お客さんのほとんどが西洋人で、なんかヨーロッパの中華料理レストランに来たような不思議な感じ。

全面シービューで、かいほうかーーーん抜群! ここアテンドに(・∀・)イイ!!

来港した家族やお友達が喜びそう!なレストランです。

よくどこがおすすめとか聞かれるんですが、今度ここ紹介しよーっと。

中華レストランのシービュー

胡同は、北京と北方の中華料理が食べられるレストランです。

北方の寒い地方って、辛いもの食べてカラダを温めるんですね〜辛い料理は一部だけなので、辛いものがまったく食べれなくても無問題!

大勢なら、いい味醸し出しているお座敷とか、個室もありますよ〜。

週末中華ブッフェとメイン料理のメニュー。メインディッシュは6種類から選べます。他にお茶+食後のデザートも込みの料金です。

土日はブッフェのみ。

1人428$+10%サービスチャージ!

+200$でドリンク飲み放題!

週末でも仕事があるので、アルコールはパスしました(¯―¯٥)

スポンサーリンク

ブッフェコーナー

前菜ブッフェは9種類。

もちろん全種類をちょっとちょっとお皿に盛るのはお約束。

温かい料理コーナー

下から温めているので、焦げ付かないように店員さんが小まめにかき混ぜてる案外手間がかかっているコーナーです。

チャーハンや炒め麺はとりあえずスルー。

最後にお腹に余裕があれば食べるようと思いつつ、そんなお腹の余裕ナッシング。

點心コーナー
南瓜蒸し餃子や野菜蒸し餃子、狗不理包子と春巻きのコーナーです。

春巻きのお隣にシーフードスープもあります。

キレイに盛り付けようとしない自称食ブロガーです(*´σー`)エヘヘ

ほとんどハズレなく、どれもこれも美味しい!!

本場の中華料理より、ちょっと外国人用にアレンジしてある方が日本人の口に合う気がします。

上の写真は前菜とスープ。

下の写真は温かい中華料理。

シェフが麺を伸ばすところが見られたり、山水画を描いているお爺ちゃんがいたりと、ミニアトラクション?があったんです。

ますますこのレストランはアテンドに使えるわぁーと感動する私達。

餃子は左から南瓜の餃子、野菜の餃子、狗不理包子(焼き肉まん)。苦しくて(笑)南瓜の餃子だけ取って食べましたが、お味は普通かな。

セットのデザートは計4種。

まずは「ウーロン茶のアイス」。ウーロン茶の茶葉が入ってる手作りっぽいアイス。茶葉も柔らかくなってて、アイスと一緒に食べても違和感なし!

ウーロン茶のアイス

右から紫芋のスイートポテトゴマ団子、ゴマゼリーと白キクラゲのゼリーもセットで付いてきます! 別腹別腹!

中華的デザート

香港グルメ的おすすめ度 ☆☆☆☆☆

(外国人向けの中華料理レストランで価格も高いですが、古い中国アンティーク風家具やシービューが好きで、美味しい中華料理をちょっとずつつまみたい方におすすめです。)

名前:Hutong
住所:28/F, 1 Peking Road, Tsim Sha Tsui
電話:3428-8342
営業時間:12:00pm-15:00pm,18:00pm-0:00pm

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です