香港お役立ち情報

【 香港の新型コロナ肺炎情報2020年3月】香港旅行での注意事項/チケット払い戻し?/感染者数/ウイルス対策/ディズニーなど最新情報

更新日:

香港肺炎の写真

香港でのコロナウイルス発生状況は?旅行は危険なの?

中国武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症(「武漢肺炎」とも呼ばれる)は、 有効な薬がない状況です。

 

新型コロナウイルスとは

肺炎患者を運ぶ救急車

・コロナウイルスとは、ゲノムとして1本鎖RNAをもつウイルス。

・世界保健機構(WHO) は新型コロナウイルスに 2019-nCoV という名付けた

・新型ウイルスの発生源は、中国武漢の水産市場

ヒトからヒトへ感染

致死率は約4%(ただし分母が重症者を主体とする報告

潜伏期間は2週間程度

国立感染症研究所の公式サイト

 

新型コロナウイルスの症状

・発症者は全員が肺炎を発症

・多くは熱があり、咳が75%、倦怠感・疲労が44%

・一部の人に頭痛と下痢あり

・症状は軽症から重症まで

 

新型コロナウイルスの感染経路について

・ 専門家の分析によると 、新型コロナウイルスは、 ウイルス感染したコウモリから蛇へ、蛇から人間へと感染し広まったとのこと。

・感染者の多くが、中国武漢市の海鮮市場で働いていたことから、海鮮市場との関係が疑われています。同市場は閉鎖中。

中国でのコロナウイルス感染者と死亡者数

3月5日更新

中国の新型肺炎患者(累計)  8万0428人

✅中国の死亡者数(累計)  2984人

✅中国の治癒人数(累計) 5万0019人

 

コロナウイルスの中国での対策

・ 2020年1月23日 朝10時より 武漢市の地下鉄やバスを一時停止、 空港や列車駅を一時閉鎖すると発表。

・中国広州市は食堂での食事を禁止

 

外務省の危険警告

【危険度】
●中国湖北省全域
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●上記以外の地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)
感染がさらに拡大する可能性があるので,最新情報を入手し,感染予防に努めてください。
中国における感染例数等についての最新情報は,感染症広域情報でご確認ください。( 2月3日現在有効)

外務省海外安全ページ

香港でのコロナウイルス感染者数

shamshuipo駅の様子

2020年3月5日発表

  • 感染の疑いがある人数は134人(入院検査中)
  • 感染者数 105人🔺
  • 退院者数 43人
  • 死亡者数 2人

情報源 https://wars.vote4.hk

コロナに対する香港政府や航空会社の対応

香港のキャセイパシフィックエアライン

✅ キャセイパシフィックとドラゴンエアーは2020年 1月24日から2020年2月29日までの香港ー武漢間のフライトを一時停止します。

✅ キャセイパシフィック航空は、2020年2月28日から 3月28日まで 沖縄便と釜山便を一時停止します。

✅1月25日4時の記者会見で キャリーラム長官は
・無期限で武漢からのフライトと高速列車を停止する
・香港を離れる人の体温検査を行う
・来月のマラソン大会中止
・ 小中学校は2月17日まで休校
など発表

✅香港政府は、湖北省居住者と湖北省を過去14日以内に訪れた方の香港入境を制限しています。詳細⇨香港政府公式サイト

✅2020年2月8日より、中国本土から香港へ入境する方(中国にお住まいの方、香港市民、旅行者を含む)は14日間の検疫が必要となります。詳細⇨香港政府公式サイト(入境)

✅2月25日朝6時より、韓国から来た旅行者(非香港居民)及び14日間以内に韓国へ行ったことがある旅行者は、 香港へ 入境禁止になります。

 

香港往復チケット払い戻しある?

香港エクスプレスは大阪、長崎、石垣島などの一部のフライトをキャンセル。

香港エクスプレスのチケット変更🎫について

①路線の変更なく、日付の変更⇨変更1回のみ、手数料がかかりません。

②香港エクスプレスの他の路線への変更⇨変更1回のみ、手数料がかかりません。

その他詳細⇨香港エクスプレスの新型肺炎公式ページ(日本語)

ピーチ、香港便7割減 2月12日現在

運休期間:2020年2月17日から3月28日
対象路線:
・Peach963便/沖縄(那覇)-香港
・Peach964便/香港-沖縄(那覇)
・Peach063便、065便/大阪(関西)-香港
・Peach064便、060便/香港-大阪(関西)

通常通り運航は以下の通り
・Peach067便/大阪(関西)-香港
・Peach068便/香港-大阪(関西)

✅払い戻しはピーチ公式ウェブサイトから可能。払い戻しには手数料はかからないとのこと。詳細⇓

✅ ピーチ便払い戻しについて

 

ANAチケット払い戻しについて

ANA 香港と大阪間のフライトをキャンセル

✅ANA 香港と大阪間のフライトをキャンセル⇨期間: 2月17日から3月28日まで

対象航空券を持っている人は、手数料無しで払い戻しが可能です。

詳細: ANA新型肺炎の対応について

 

新型ウィルスのピークはいつ?

香港大学医療チームのレポートによると、

「このまま新型ウイルスの感染力が弱まらなければ 、武漢は今年の4月にピークを迎え、北京などその他の主要都市では1、2週間遅れでピークを迎えるだろう 」とのこと。

 

香港旅行は安全なのか?

香港九龍の街の様子

・私が街を歩いて周りを見渡す時、約98%の香港人がマスクをして街を歩いていると感じました。 香港旅行は危険ではありませんが、あまりお勧めできないかなぁーと思います。 特に免疫力が弱い小さいお子さんがいる場合はやめた方がいいでしょう。( 個人的感想)

・香港人の外出人数は減っていますが、 ショッピングモールやスーパーで買い物したり、レストランで食事したりすることは可能です。

・ 中国銀行や ハンセン銀行など一部の銀行の一部の支店は閉鎖されています。

・ 外務省からの香港渡航警告レベル2。

・政府への抗議デモは、時々行われています⇨ 詳細⇨毎日更新香港デモの時間と場所

・ 【集団感染のケース】家族や親族で一緒にバーベキューやしゃぶしゃぶをした後、9人集団感染してしまいました。

・ 新型肺炎感染と診断されたタクシー運転手は、診断以前に発熱があっても 倒れるまで仕事を続けていたという事件が2月にありました。

日本からの香港入国に関する注意事項

2月24日香港政府は,日本から入境する旅客については,香港居民・非居民に拘らず,条件が許せば,香港入境後14日間は家の中(滞在先)に留まり体温を測定し,及び外出の際には全行程でマスクをする必要があると発表。

詳細⇨ 香港日本領事館サイト

香港旅行(出張)必需品

一応あれば良いかなぁーというレベルですが、 持って行った方が良さそうな物と必要ない物をまとめてみました。

✅必需品orあれば良い

・マスク(香港ではマスク高額)

・ アルコールウェットティッシュや消毒ジェル( 食事前の手の消毒などにあったら便利です)

・テッシュペーパー(ローカル店のお手洗いで時々必要ですが、スーパーでも入手可能)

✅必要なし

・トイレットペーパー⇨ショッピングモールやホテルにあるので

香港で新型肺炎患者が過去に訪れたor見つかった地域

香港肺炎患者の出現地

新型肺炎患者が行ったことがある場所、宿泊したホテル、住んでいた場所などを、 香港旅行者や在住日本人が 訪れる機会が多い場所を中心に、 まとめました。

  • 羅湖口岸
  • 高速鉄道西九龍駅
  • 尖沙咀美麗都大廈F座
  • 黃埔花園11期1座
  • 中環四季酒店
  • 佐敦W酒店
  • 佐敦香港麗思卡爾頓酒店
  • 尖沙咀皇悅酒店 など

香港政府の対応

・ 西九龍高速鉄道とホンハムの直通列車の駅⇨閉鎖

・湖北省住民の香港入境を禁止

・ 図書館など公共施設を一時閉鎖

・2月4日零時より、深圳灣口岸及び港珠澳大橋香港口岸を除き、羅湖、落馬洲、皇崗、港澳碼頭口岸を一時封鎖することになりました。

・行政長官は2月5日の記者会見で、中国本土からの入境者を14日間強制隔離する措置を、2月8日から導入すると発表。
隔離措置は香港人を含むすべての人が対象。

 

香港空港でのトランジットに影響がある?

2020年2月1日より香港空港では、香港を出る人(出境)やトランジットの乗客にも体温検査を行い、熱があれば搭乗禁止になります。

 

コロナウイルスの具体的な対策

新型コロナウイルス肺炎対策

・マスク着用

・手洗いをこまめにする(一番有効)

・手で目を擦らない、顔を触らない

・消毒アルコールジェルやウェットティッシュを使用する

・なるべく人混みを避ける

・ 火鍋やバーベキューなど、人と一緒に食事する機会を避ける

 

香港ディズニーランドは 開園している?

2020年香港ディズニーランド

香港ディズニーランドとオーシャンパークは 2020年1月26日より武漢肺炎のため、 通知があるまで 一時閉園になります。

香港ディズニーランドのリゾートホテルは引き続き運営しているとのこと。

新型肺炎中の香港状況はTwitterでも発信中

 

香港新型肺炎まとめ

現在新型コロナウイルス肺炎への有効な薬やワクチンがないため、人混みやリスクが高いエリアを避けましょう。

不要な外出は避けた方がいいかもしれません。

 

※ 香港旅行や香港の新型肺炎状況などのご質問は、ブログコメント欄より受け付けております。



-香港お役立ち情報

Copyright© 香港グルメ日記 , 2020 AllRights Reserved.