9,九龍&新界グルメ Kowloon&New Territories

【浮流山で海鮮夜ご飯2020年】ミシュラン明記海鮮酒家Ming Kee Seafood Restaurant

更新日:

浮流山の入り口

シーフードレストランが多く立ち並ぶ海鮮レストラン街「浮流山」に行ってきました! 細い路地に入ると、両側には賑やかなシーフードレストランとお土産屋さんが並んでます。

アクセス

電車がないので、ここへのアクセスはバスかタクシーになります。バスなら天水圍駅かK65/33/34/34A/35のバスで行けます。

自家用車で来た人は、「明記海鮮酒家」の駐車場に車をとめた時おじさんに駐車券を必ずもらうようにしてください。後でお店から 駐車代を返してもらいます。

明記海鮮酒家(ミシュラン・ビブグルマン)

夜の9時に着いたので、お店が閉まってるところも多く、あまり選択肢がなかったのですが 、Google マップで評判の良かった「明記海鮮酒家」行ってみることにしました。

お店の中も海鮮レストランとしては、こざっぱりしていて清潔でした。お手洗いもあります。

海鮮の注文方法

蝦や貝類や魚など新鮮なシーフードを見て選びながら、店員さんと調理方法( にんにく炒めとか、 茹でるとか)の指定をします。

香港海鮮の水槽

↓蝦や貝などのシーフード。

広東語で注文するのに自信がなければ、 ディナーセットを頼むと便利です。

香港浮流山の海鮮料理

上海蟹は高かったので、 後ろ髪を引かれながらも、今回はパスすることに(;_;)

上海蟹

注文は、香港人の主人に完全お任せ。

私は「帆立のニンニク蒸しが食べたい!」「攋尿蝦(シャコ)もニンニク炒めでね!」とニンニク愛を爆発させつつ、好き勝手リクエストするのみ。

水槽の魚

少数精鋭のオーダーした海鮮

今回頼んだシーフード料理は3品。海鮮以外ですと、ガイランの野菜炒め白米1杯。

  • 左上⇨攋尿蝦(シャコ)のニンニク炒め
  • 右上⇨蟶子(マテ貝)豆鼓炒め
  • 真ん中下⇨ホタテのニンニク蒸し

今回頼んだ海鮮三品

シャコのにんにく炒め

ビックサイズのシャコ! ハサミで殻を切って食べると、中に甘い身が詰まってます。ニンニクと合う合う!

絶品(๑´ڡ`๑) シャコのニンニク炒めは、毎回シーフードレストランで頼むほど、大好物です。

シャコのにんにく炒め

蟶子の豆鼓炒め

マテ貝という細長い貝とパプリカやピーマンを豆鼓と胡椒で炒めた物。 殻と身が離れているので食べやすいし、美味しい♪

蟶子の豆鼓炒め

ホタテのにんにく蒸し

こちらは大粒のホタテと、 春雨ネギなどをにんにく醤油で蒸したモノ。 春雨が旨味を吸って、美味しすぎる。

ホタテのにんにく炒め

芥欄炒め

シンプルな味。野菜補給。豆鼓炒め一緒に交互で食べると、味の濃さがちょうど良いかも。

野菜炒め

写真にはないですが、カットしたオレンジのサービスが。

シーフード3品と野菜炒め1品と白ご飯1つでトータル750香港ドルでした。ディナーだったからか、かなり高め💦 約8年前の他の人のブログを見ると、同じような料理を頼んでいても、合計金額が半分以下なので、香港の物価上昇には目を見張るものがあります。

たとえ郊外の海鮮レストランであろうと、香港は観光地だったら値段は高いということ忘れてました(-_-;)

香港グルメ的おすすめ度 ☆☆☆☆

(細い道ですが、 活気があってごちゃごちゃした感じが、なんか面白かったです。 北京語か広東語ができれば、 水槽の中のシーフードを選びながら、 お店の人とやり取りするのもまた楽しいものです。 食後は、乾物屋さんを覗きながら、ぶらぶら歩くのも 面白いかも。)

海鮮レストラン情報

【明記海鮮酒家  Ming Kee Seafood Restaurant】

  • 住所:40號 Lau Fau Shan Main St, Lau Fau Shan
  • 電話:2472-1408



-9,九龍&新界グルメ Kowloon&New Territories

Copyright© 香港グルメ日記 , 2020 AllRights Reserved.